新型コロナウイルス特設ページ

更新日:2020年5月1日

弊社では、コロナウイルスの流行が確認された1月下旬以降、代表取締役医師を中心とし各事業所にて感染対策を行っております。ご利用者さま、地域の皆様へ安心してご利用いただくため、その取り組みを以下にご報告いたします。

弊社の取り組み

1.ヒト・サービスの区分け
弊社で行う福祉サービスは、大きく通所サービスと入所サービスに分けられます。これらのサービスにおいて弊社サービス人員やサービスの併用をできる限り最小限とし、運営を見直しました。

2.会議やイベントの中止や見直し
介護施設等に求められる運営協議会などの様々な会議などは、監督する岩国市などと相談の上、実施を延期ないしは中止しております。また外部委託業者の立ち入りは必要最低限に留め、その他予定されていたすべてのイベントを随時見直し、クラスターが発生しやすい状況を予防しております。

3.感染防止行動
職場においては、職員並びにご利用者さまのご協力もいただき、手指消毒、アルコールや次亜塩素酸等による拭き取りを行っております。また、空気清浄機や加湿器の追加での設置を行い、定期的な換気を実施しております。デイサービスでは、マスクを購入できない方に向け、納入価でのマスク販売を実施し、ご利用中のマスク装着をお願いしております。

4.面会の原則禁止
入所施設における面会は、本人にとって重要な生活の一部であると理解しておりますが、昨今の流行状況を鑑み、やむなく原則禁止とし、ご利用者さまの体調面での変化等で重要な場面のみご面会していただくようお願いしております。

5.テレワーク等の実施
福祉サービスでは、通常対面でのサービスが求められるため、他事業と比較しテレワークは困難です。弊社では、可能な限り居宅介護支援事業所、障がい者就労移行支援事業所などの事業所において、これらを推進しております。